2016年3月27日日曜日

花見開催します

こんにちわ。

いよいよ花見シーズンが近づいてきましたね


まずは、恒例の常識を今更ながら 再確認したいと思います。

ほとんどの方が、おいおい〜今更かよ〜って言われそうですが、念のためご確認を


日本の花見は奈良時代貴族の行事が起源だといわれる。奈良時代には中国から伝来したばかりの梅が鑑賞されていたが、平安時代に桜に代わってきた。それはにも現れており、『万葉集』には桜を詠んだ歌が43首、梅を詠んだ歌が110首程度みられるが、10世紀初期の『古今和歌集』ではその数が逆転して桜が70首に対し梅が18首になっている。「花」が桜の別称として使われ、女性の美貌が桜に例えられるようになるのもこの頃からである。

という事で、今年の花見も

四日市駅隣りの鵜の森公園で開催いたします。内容は、後日決めていきますので、よろしかったらご参加お願いします。

ちなみに、鵜の森公園は

 経緯度:   34°57'53"N   136°36'58"Eとなりますので、お間違いのないようにお願いします。

情報提供は、西田かも❔  でした。